カラマツ炭

2010-01-16

暮れに焼いた炭窯を開ける。
一年以上も乾燥させてしまった炭材のカラマツ、単に焼き収めと焼いたもので、炭のできばえのよしあしはどちらでもよい。
しかし、三センチくらいに砕いた炭を七輪で熾すと、それは、いくら燃えるが早いといっても少しずつ追加していけば、火力は強いし、最高の炭火焼料理が出来る。

鳥を焼いていたのだが、ラジオからあのハイチの悲惨な情報を聞き鳥はカット。ハイチの皆さん、なんとかがんばって、がんばってください。

会合をいくらかさねても彼らの極寒は変わらない。
 

'); } function ga(o) { if (document.getElementById) { var a=o.id.substring(1); location.href=document.getElementById(a).href } } // ]]>

© 2011 マウントピア黒平    Powered by VISUAL LITERACY    Theme by ホームページデザイナー